KDRAMA

韓国ドラマ「わかっていても」がNetflixアジア7か国で1位

JTBC土曜スペシャル「わかっていても」が、Netflixのアジアチャートで上位を記録し注目を集めている。ストリーミング映像コンテンツのランキング集計サイト「プルリクスパトロール(FlixPatrol)」によると、「わかっていても」は韓国を含め、マレーシア、シンガポール、フィリピン、ベトナム、台湾、タイ、合計7カ国でネットフリックステレビ番組(TV Show)カテゴリー部門チャート1位を席巻した。日本と香港でも2位を占めており、ワールドワイドテレビ番組のチャートでは9位に上がるなど、アジア全域で高い人気を得ている。

JTBC土曜スペシャル「わかっていても」は、愛は信じないけど、恋愛はしたいハン・ソヒと恋愛は面倒くさいけど、サムには乗りたいソン・ガンのリアリズムロマンスを描く。注目を浴びるハン・ソヒとソン・ガンが主人公に抜擢され、放送前から原作漫画との高いシンクロ率で話題を集めた。

原作漫画である「わかっていても」は2018年10月ネイバーウェプトゥンで初連載を始め、2019年7月に完結した人気作だ。繊細な作画と魅力的なキャラクターを披露し連載中に読者の評価9.9点を記録し、高い人気を受けており、多様な利害関係の中に置かれた青春の恋愛を率直で、現実的に描き、2030読者の共感を得た。ネイバーウェブトゥーンのグローバルサービスを、英語、タイ語、インドネシア語などの言語に翻訳されて海外でも人気上位に上がっており、アジアで連載されている。

ただし、テレビでは不振が続いている。人気女優・俳優に浮び上がった二人のハン・ソヒとソン・ガンだが視聴率は低調である。

視聴率調査会社ニールセンコリアによると、7月10日放送されたJTBC土曜ドラマ「わかっていても」は、1.7%の視聴率を記録した。

これは前週の1.2%よりも約0.5%P上昇した数値だが、まだ視聴率は1%台にとどまっている。

「わかっていても」は製作段階から多くのドラマファンたちの期待を集めた作品である。 JTBC「夫婦の世界」で活躍し、あっという間に人気女優になったハン・ソヒと、同様にNetflix「スイートホーム」を通じて新世代俳優として浮上したソン・ガンのツーショットが現実になったからだ。

さらに「わかっていても」は、同名の人気漫画を原作にしているので、高い視聴率はほぼ確信的だったからこそ、低い視聴率は予想外の展開だった。

このような視聴率不振にはさまざまな原因が挙げられている。

まず19禁放送になっており、家族と一緒に見ることができないドラマの内容という点が最も大きい。

刺激的なストーリーのせいで主なターゲットである20〜30代が家族と一緒にドラマを視聴できない、実際にしていない状況である。

もう一つの原因はソン・ガンの演技力の問題である。ソン・ガンはパク・ジェオン役を演じているが、スキンシップやセリフがぎこちないという理由で徐々にハン・ソヒとの関係が深くなればなるほど、物足りなさがより増しているという評価を受けている。

ただし、コンテンツの知的財産(IP)の拡張などの産業的な長所を考慮したとき、ウェプトゥンのドラマ化は継続される見通しだ。 「梨泰院クラス」の場合、国内でウェプトゥンとドラマの両方が成功し、ドラマの成功が再びウェブトゥーンの海外人気につながった。 IP拡張とグローバル進出が好循環を遂げた良い例である。

チョン評論家はウェプトゥンがよくドラマ化されているのは「梨泰院クラス」のように相乗効果が大きいからとし、今後も成功したウェブトゥーンはほとんどリメイクされ、視聴者層を全世界に広げていく可能性が高いと予想した。

胸キュン - ソン・ガンがキッチンでハン・ソヒに誕生日のキス | わかっていても | Netflix Japan

胸キュン - ソン・ガンの唇に触れてしまうハン・ソヒ | わかっていても | Netflix Japan

ソン・ガン主演の韓国ドラマ「わかっていても」から学ぶ面白い韓国語|송강 주연 드라마 알고 있지만으로 배우는 재밌는 한국어 강좌

関連記事