KDRAMA

海街チャチャチャの大ヒットから転落、キム・ソンホ事件を時系列で紹介

Netflixの大人気ドラマ、海街チャチャチャが2021年10月17日、16話を最後に終わりを迎えた。海街チャチャチャの世界中の多くのファンを虜にし、その後のイベントなどに注目が高まっているなか、事件が起きてしまった。

最終話が放送された直後、韓国のあるブログサイトから「俳優K氏」について暴露文が掲示されたのが事件の始まりだった。

暴露文は俳優K氏は妊娠した元カノへ中絶を強要したという内容で、それ以外にもドラマ関係者たちへの悪口、批判を繰り返していたという内容もあった。

暴露したA氏は本当は子どもを産みたかったが、K氏から「今子どもを産むと9億ウォンの損害賠償をしなければならないのに後で延期できなくなったらどうするのか」と言われたという。 A氏はそのように「K氏が自分と2年後には結婚し、来年からは同棲しようと約束した」と主張した。

その後、K氏の意向どおり中絶手術を受けたが、K氏は自分に対する痕跡を消すのに忙しかっただけで心からの謝罪や反省はなく、一方的に決別を通告したというのがA氏の主張だった。

A氏はK氏の実名は直接取り上げなかったが、文章に書かれた状況とK氏に対する描写を土台に多くの人はキム·ソンホではないかという推測を出した。

この書き込みが掲載された後、韓国のメディアは一斉に事実確認のため、キム・ソンホ所属会社のソルトエンターテインメントに連絡を取ったが、連絡が取れず、所属事務所の沈黙が長くなり、論議は手のほどこしようもなく広がってしまった。

Youtuberのイ·ジンホは10月18日、「芸能裏の大統領イ·ジンホ」チャンネル放送を通じて「該当文の暴露者はキム·ソンホという手がかりを残した」とし「私がK氏をキム·ソンホと断定する理由がある。 最近『海街チャチャチャ』が話題になってキム·ソンホ関連ニュースについて取材をしたが、この過程でキム·ソンホが元カノ問題でひどい目にあっているという内容を確保した」と主張した。

さらに「暴露者が今回掲載した内容は、私が取材を通じて知っていた内容と一致した。 そのため、キム·ソンホと名乗った」とし「所属事務所でも関連内容を知っていたという。 十分に対応する時間があったにもかかわらず、所属事務所は何も明らかにしていない」と付け加えた。

反面、キム・ソンホのファンは根拠のない推測に強硬対応を示唆した。 DCインサイド男性芸能人ギャラリーのキム·ソンホファンは「根拠のない憶測が飛び交っており、あまりにも惨憺たる心情を禁じえない」とし「一人の男性の人格を抹殺する者の犯罪行為を最後まで追跡し、持続的に監視しているため、いかなる善処や寛容もなく刑事告訴、民事上の損害賠償請求など可能なすべての法的措置を取る」と強調した。

そもそも本当かどうかも分からない状態にも関わらず、翌日10月18日、キム·ソンホがモデルとして活動しているブランド(ドミノピザ、キャノン、11番街など)のうち一部のブランドが公式SNSなどで関連した掲示物を一括削除するなど、迅速な行動に出た。

いくつかの記事の広告主は、状況によってはより大きな対応も準備中(違約金)だという話も伝えられ、10月20日に予定されている海街チャチャチャのメディアのインタビューに支障が生じそうで、すでに日程を決めておいた他の出演者たちも気を揉むなど、キム・ソンホをキャスティングした制作会社と制作陣も頭を悩ました。

実際、この論争の影響により女優シン·ミナ、俳優イ・サンイまでインタビューを延期またはキャンセルしていた。 これに先立ち、シン·ミナ側も19日に予定されていたインタビューを翌日に控えて急遽延期し、イ・サンイ側も21日にインタビューを行う予定だったが、「内部事情」という理由で取り消した。無事ドラマが終わり、主演俳優らがインタビューを次々とキャンセルするのは異例のことで、キム・ソンホのプライバシーを巡る論争が影響を及ぼしたものと見られる。

疑惑の真偽はさておき、すでに業界ではソルトエンターテイメント側のずさんで無能な対処を問題視していた。

結局10月19日午前9時20分頃、事実関係を把握中というソルトエンターテイメントの初公式立場が発表された。

このように話題になり、暴露したA氏の身元まで明らかになる現象が発生した。 10月19日、YouTuberイ·ジンホは「元カノの正体はなぜ?キム・ソンホがためらう理由」というタイトルの映像を掲載した。

SPOTVは20日、キム·ソンホの元カノに対し「2000年代末から2010年代半ばまで放送局で活躍した人物」とし「現在はテレビを離れてEコマース関連事業をしている」と報道した。

まず、彼女の職業が「元気象キャスター」という書き込みがあったため、元気象キャスターの中でキム・ソンホと同年代のチェ·ヨンア気象キャスターが言及された。

そのように、オンライン上では愛犬ホヤという根拠をもとに、キム·ソンホの元カノが気象キャスター出身のチェ·ヨンアアナウンサーだというデマが広がり、推定される人物の実名、SNSのインスタグラム、ツイッターのアカウント、運営しているショッピングモールのアドレスなど、身元情報が紹介されたが、事実かどうかは確認されてない。

1985年生まれのチェ·ヨンアプロフィールは、今年37歳で2009年YTNの気象キャスターとして活動した。 2010年からKBSで気象キャスターとして勤務していたが、2013年4月、結婚によりKBSを退社した。

退社後、2013年4月に4歳年上のサムウォンガーデン会長の息子でゴルファーと結婚したが、わずか4年で結婚生活を終えた。 離婚の理由は正確に明らかにされていない。2017年自身のインスタグラムに離婚を知らせた。

離婚後、インスタとブログを利用してビューティーファッションチェ·ヨンアショッピングモールを運営してきた。「チェヨンアショッピングモール アイアムヨンア」、「ヨンアオンニネヨンアビューティー」など、事業を拡大していった。 現在はインスタグラムは非公開に切り替えられた状態。

20日20時頃、暴露者は暴露文を修正し、掲示文の前に「謝罪を受け、誤解した部分もありましたし、被害を与えたようで申し訳ありません。 一瞬にして崩れる彼の姿に心苦しいです。 すぐさま書き込みをする」という内容を追加し、暴露者の立場を代理する法務法人を通じて、無分別な身元公開及び脅迫により精神的被害が甚大であり、虚偽事実の流布、悪質な書き込みなどに強硬対応するという立場を伝え、今回の暴露の終止符を打った。

しかし、キム・ソンホと元カノの両方を知っていると主張したあるネットユーザーは、インスタグラムを通じて追加暴露を予告した。ただし、多くのファンが今のキム・ソンホに感じる感情は何だろうか。 「人相を見て私がああすると思った」という感情よりも、これまでメディアを通じて生まれた正しい男性、美しい青年のイメージから想像できない私生活暴露による裏切りである。

しかも、この事件で1泊2日の女性プロデューサーへの叫び声のシーンや、顔占いまで再照明され、キム・ソンホの俳優としての命は終わったというほどの余波が続いている。すでにドミノピザ、11番街、新韓MyCar、ラロッシュフォーゼ、ナウ、フードバケット、キヤノン、ワイドアングル、エディションセンサービリティ広告が削除された。

また、11月中旬に撮影開始する予定だったパク·フンジョン監督の次回作『悲しい熱帯』は、交替するかどうかについても議論しており、他の映画『ドッグデイズ』、『2時のデート』はすでに内部で交替が確定しているという報道が出ている状況だ。

結局1泊2日で降板が決まった。 降板のニュースが伝わると、KBSの視聴者請願には降板に反対する請願が掲載され、瞬く間に1万人以上の署名が集まる現象を見せたりもした。

現在、世論の反応は「キム・ソンホに責任があるのでこれに対して責任を負え」という意見と、それでも自分の過ちは認めて反省しているのでお互いに良く解決しなさいという意見もあるなど、キム・ソンホを擁護する意見とそうでない意見がお互いに行き違う傾向を見せている。

10月26日、Dispatchで暴露者の暴露に疑問を提起する記事を出した。
Dispatchは記事を通じて暴露者の正体がチェ·ヨンアであることを明らかにし、キム·ソンホとチェ·ヨンア知人の多数の情報提供、カカオトーク、写真などを提示し、キム·ソンホが一方的にチェ·ヨンアに中絶を促したのではなく、2人の合意後中絶した、中絶後にキム·ソンホの態度が急変したというチェ·ヨンアの主張は事実ではないと報道した。

Dispatchの記事が出た後は、「キム・ソンホがむしろかわいそうだという意見とディスパッチは完全に信じられるメディアではないため、軽率に判断するのは早い」という意見で世論が分かれている。

過ちの可否及び当事者の合意方向とは別に堕胎を促した行為、仲間に対する悪口及び卑下など今度の論争の性格そのものがキム・ソンホがこれまで築いてきた善良で正しいイメージとは完全に相反するものであるため、それだけに多くのファンの衝撃と反感も非常に大きい状況で、スター性が大きく墜落してこれからの俳優活動も不透明になった。 今後の活動を再開しても、善良で正しいイメージで培った既存の人気をどれほど回復できるかは未知数です」

一方、キム·ソンホの所属事務所側は該当報道について「申し上げる言葉はない」とコメントを控えた。

Dispatchは11月1日、「2020年7月24日、A産婦人科を診療した後、チェ·ヨンアがキム·ソンホとのカカオトークの会話を公開する」とし、チェ·ヨンアが直接キャプチャーした後、知人に送った「トーク」と公開しました。

キム・ソンホが元交際相手のチェ·ヨンアが暴露したプライバシー問題や中絶を求める疑惑を覆すに値する二人のカカオトークメッセージの内容が公開され、チェ·ヨンアの偽りの暴露が明らかになった。11月1日、Dispatchの報道によると、チェ氏は当時KBS第2テレビ『1泊2日-シーズン4』の撮影中のキム·ソンホに妊娠中のニュースを伝えたという。 突然の妊娠の知らせに当惑したキム·ソンホはすぐ「賢明によく考えてみよう。 あまり心配しないでね」と彼女をなだめた。

続いてキム·ソンホは、「何があっても私が責任を負う」「愛している」「結婚はしなくちゃ」「週内に決めて両親に話をし、来週までにすべてを決めよう」「私たちが相談して決めて勝ち抜こう」「私の人生を通じてあなたほど愛した人はいないから」などの言葉をかけた。 チェ氏もそれに対して「あなたの言葉に感動した」と答えた。
暴露文とは違ってキム・ソンホは責任感を表に出すのはもちろん、愛を表わして結婚まで言及した。

同日、Dispatchの報道でキム·ソンホが慰め、中絶の決定も十分な合意によってなされ、手術後も付き合ってきたが、チェ·ヨンアの男性問題と繰り返された嘘で別れたという情況が明らかになった。

現在、チェ·ヨンアの嘘が明らかとなり、キム·ソンホをめぐる論争が新しい局面を迎えている中、広告界を皮切りに彼を断固として退出させてきた放送界も世論が変わりつつある。

キム·ソンホが出演していたCM「ミーママスク」、「キャノン」、「11番街」の広告主はキム·ソンホのCM映像を復元し、私生活の問題で降板することになった映画「悲しい熱帯」も予定通りの復帰が決定された。

以上

海街チャチャチャのシン・ミナとキム・ソノについて調べてみた!|갯마을 차차차 신민아, 김선호의 프로필 소개

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。