KPOP

BTS(防弾少年団)「グラミー賞」で単独ステージを披露予定!韓国歌手として初の夢舞台へ

弾少年団の夢がまた実現されそうになっている。グラミーアワード賞にノミネートとされ、グローバルなパフォーマーとして限界のない成長を証明した形となった。

防弾少年団は14日(現地時間)、米国ロサンゼルスステープルズセンターで開催される「第63回グラミーアワード」で公演を行う予定になっている。レコーディングアカデミーは22チーム(人)のパフォーマーのラインナップを共有し、「アーティストは、安全に離れているが、お互いのために曲を演奏し私たちを一つにまとめる音楽を披露するために集まるだろう」との声明を出した。

 

ニューヨークタイムズによると、授賞式は、コロナ19感染防止のために、事前撮影録画と、ステージでのライブを混合して行われる予定だ。防弾少年団はポストマローン、ハリー・スタイルズ、テイラー・スウィフトなど、世界を舞台に活躍するそうそうたるアーティストたちと肩を並べた。

ニュースが報道されると、Twitterには「BTSxGRAMMYs」のハッシュタグが急速に共有された。レコーディング・アカデミーの発表2〜3時間で防弾少年団とグラミー関連キーワードがSNSに多く投稿され、分析ツールによると、ツイッターで「BTSxGRAMMYs」のハッシュタグを最も多く共有したり、作成した国は米国だという。ブラジル、チリ、タイ、フィリピンなどでも顕著な参加度を見せた。全体の48%が英語で作成され、29%が韓国語、11%がスペインの順だった。

防弾少年団のグラミー参加は今年で三度目だ。

61回では、授賞者になり、62回では、ラッパーリールナスのヒット曲を一緒に歌った。今年は、主要な授賞部門の一つである「ベストポップデュオ/グループ・パフォーマンス(BEST POP DUO / GROUP PERFORMANCE)」の候補に上がって本人たちの舞台を飾るものと期待を集めている。

 

防弾少年団は、「ビルボードホット100」 でダイナマイト(Dynamite)」が1位となった。候補の中、唯一フィーチャリングではなく、自分たちが歌った歌でノミネートされた。競争曲はジャスティンビーバーの「インテンションス」(INTENTIONS)、レディー・ガガ・アリアナグランデの「レイン・オン・ミー」( RAIN ON ME)、テイラー・スウィフトの(EXILE)である。2013年のデビュー以来、継続する成長に今の位置まで上がった防弾少年団はグラミーでも影響力を拡大している。候補から落ちてしまった2020年とは全く違う雰囲気で期待が高まっている。

「ダイナマイト」は、米国ビルボードホット100通算3回1位という韓国初、最高記録を樹立した。デジタルソングセールスチャートで5週連続1位に上がった。昨年グラミー「ベストレコード」(Best Record)部門にノミネートされて、防弾少年団も歌ったリールナスXの「オールドタウンロード」(Old Town Road)とタイ記録である。

国際レコード産業協会(IFPI)は、「2020グローバルアーティストチャート(Global Artist Chart 2020)」を発表して防弾少年団を1位に挙げた。防弾少年団は、韓国の歌手ではもちろんのこと、非英語圏の歌手としては初めて3年連続トップ10に名を連ねた。IFPIフランシスモア会長は「防弾少年団は、世界中の人々に喜びと幸福をもたらす音楽の影響力を示している」と好評した。

ビルボードは「1981〜2020年年度別最高ポップスター」を選定し、防弾少年団を2020年を代表するポップスターとして紹介した。「防弾少年団は、「年度別最高ポップスター」に選ばれた最初のアジアのアーティストだ。これら2020年に達成した成果と各種チャート1位の成績は、驚異的なスーパースターであり、米国の主流音楽市場でKポップへの評価がはるかに高くなったことを否定することはできなくなった」と強調した。

 

これまで防弾少年団が言った望みはすべて報われた。チームを代表して目標と希望を伝えるシュガーはビルボードホット100 1位記念記者懇談会で、「私が言った目標が叶って胸がいっぱい。グラミーで単独舞台をしたい。受賞をするよりもグラミーのステージで、私たちの歌を歌いたい」と述べている。 
防弾少年団が出演する「第63回グラミー賞」は、韓国時刻で15日午前8時55分Mnetとビングを介して生中継される。

BTS Performs “Telepathy” | MTV Unplugged Presents: BTS

K-POP、K-DRAMA関連Youtubeはこちら!!

関連記事